大阪市阿倍野区・大阪市天王寺の相続の相続問題に強い弁護士による 相続・遺産分割の無料相談

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス

06-6556-6613 受付時間 9:00~20:00(土曜対応)相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 解決実績
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • お問合せ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益
  • 寄与分
  • 相続税対策
  • 遺 言
  • 相続放棄
  • HOME
  • 遺言
  • 遺言書を作成すべき4つのメリット

遺言書を作成すべき4つのメリット

遺言書作成のメリット その1

相続調査が不要になります!

財産としてどこに何があるかは、本人が一番把握しています。

▶遺族にしてみれば、亡くなった方の財産の有無、所在が全く分からないこともしばしばあり、まずは相続財産の調査から遺産分けがはじまり、時間がかかります。

生前、誰に、どういう経緯・理由で、どれだけの贈与をしたかについても、本人が把握している。

▶贈与を受けた相続人以外、生前贈与の有無・内容を把握できない。

本人が親族名義を借りて預金口座や保険契約をしていることも・・・

▶本人以外、名義預金・名義保険の有無・内容を把握することはできません。

遺言書作成のメリット その2

遺産分割協議が不要に!

親族間とはいえ、すんなり合意に至るとは限りません。相続発生を契機に、それまでの信頼関係が崩れることもあります。
前妻の子供と後妻など、もともと人間関係の潜在的対立を抱えているケースや、遺産分割未了の間に2次相続・3次相続が発生し、相続人が多数に枝分かれしているケースなどは、特に合意が困難になってしまいます!(住所が遠隔地。連絡先も分からない。会ったことがない等)

遺産分割協議がもめると、調停・審判手続や訴訟手続になってしまいます。多大な時間と労力をかけ、解決まで数年かかることが通常です・・・
 
遺言書があればこれら遺産分割協議が不要に!=遺言書は最強の争族対策!!

遺言書作成のメリット その3

相続分を指定できる!

遺言書を作成せずにあなたが亡くなると、民法の定める法定相続分に従った遺産分割が原則となる。

例えば、妻と長男・二男が相続人の場合

妻:2分の1、長男・二男:各4分の1 が原則。
 
遺言書を作成する場合、あなたが望むとおりの相続分をあらかじめ指定できます
上記の事例で、例えば
妻:2分の1、長男:8分の3、二男:8分の1 と指定可。

遺言書作成のメリット その4

遺産分割方法を指定できる!

遺言書がなければ、どのような遺産分割方法を採るかは、残された相続人が話し合いにより決めるしかない。
 

遺言書があれば、どの遺産を誰にどのように取得させるかをあらかじめ指定できる。

例えば、
「自社株は長男Aに、不動産は二男Bに、預貯金・有価証券は妻Cに 相続させる」(現物分割)
「遺産をすべて長男Aが取得する。Aはその代償として、二男Bに金◯○万円を支払う」(代償分割)
 

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

遺言作成バナー.png 遺産分割バナー.png 遺留分バナー.png

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

相続・遺産分割に強い弁護士にご相談ください。06-6556-6613

ご相談の流れはこちら

●HPへ訪問した方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ